本文へジャンプ
うちのコの毛糸、紡ぎます




犬や猫の毛は毛糸に紡ぐことができます
春の抜け替わりの時期、また毎日のブラッシングで抜けた犬猫の毛を見て、「…もったいないなあ」と思われたことはありませんか?
ジツは、犬猫の毛だって立派な毛糸になるのです。

犬糸・猫糸は完全受注製です。
お客さまから犬猫の毛を提供していただき、なにを作るのか、また用途によってはどれくらい羊毛を混ぜるかをご相談させていただき、毛糸を紡ぎます。(ご希望があれば手編み手織りのセーター、帽子、こものなど製作いたします。)

※皮膚病・感染症・伝染病のおそれのある犬猫の毛はお預かりできません。(うちにも家族の一員として溺愛しているわんことにゃんこがおります。どうかご了承ください。)

※完全オーダーメイドのため、毛糸作成後のキャンセルは受け付けられません。

※すべての犬猫の毛が毛糸にできるわけではありません。ご了承ください。



犬糸猫糸が出来上がるまで
 1.まずは毛を集めます。
ブラッシングやシャンプーのときなどに抜けたもののみにしてください。
床に落ちているのはかなりゴミやホコリと仲良し状態(^^;)なので避けてください(最終的な毛糸の仕上がりにまで響きます)。
また、ゴミはできるだけ取り除いてくださいね。

色を分けて毛糸にしたい場合は、色ごとに袋を分けて保存してください。(ひつじやでは色分け等の作業は行いません)

トリミングで出たカットされた毛も、実はあまりオススメできません。
毛長が短いうえ(最低3cmは欲しいのです)、シングルコートの犬ならばまだ柔らかいのでいいのですが、ダブルコートの場合硬いトップコートが混じるので、かなり硬い毛糸になってしまいます。。

ただ、なにごとにもやってみなけりゃわからないという部分が存在します。「どうだろう?」と思われたら、お試し紡ぎをお申し込みください

カット毛の場合、ご注文はお引受できません。(短い毛くずのせいか、作業者のくしゃみ肌の痒みがひどく起こるようになってしまいました…)
抜け毛のみお引受しております。
 2.用途、なにを作るかを決めましょう。
毛質にもよりますが、肌の弱い部分(首まわりなど)にはあまりオススメできません。
生えているときは一方方向なのでさほどチクチクしないのですが、紡ぐと毛が四方八方を向いてしまうせいか、格段にチクチク率が上がります。

 3.ブレンドする羊、またブレンド率を決めます。
これは用途によります。犬猫毛100%でもできないことはありませんが、かなり硬くて弱い毛糸になります。(毛同士の絡み合う力が弱いため、羊毛の毛糸よりも撚りをきつく入れないと毛糸にならないのです。撚りをきつくする=硬い毛糸になります)
若干羊毛を混ぜたほうが、毛糸としての風合いも良くなり、耐久力もアップします。

どうしても首まわりに使いたい、ということであればメリノ種、セーターなどにするのであればコリデール種など。毛の太さ硬さに合わせて羊の毛も使い分けます。

  4.ブレンドします。
ブレンド率に従って、犬猫毛に羊毛を混ぜます。

まずは手で細かく分けて混ぜ合わせ、更にハンドカーダーという器具を使って丁寧に混ぜ込みます。
偏りのないよう、とにかく混ぜて混ぜて混ぜて混ぜて、出来上がったシート状の犬猫羊ミックス毛を「ローラッグ」という篠状(筒状)に巻きます。


  5.紡毛機で紡ぎます。
ニットにするのであれば甘め、織るのであればキツめに紡ぎます
。が、羊だけのときと違い、犬猫毛は抜けやすいので、ニット用であっても若干キツめに撚りをかけています。
織る場合は紡いだ糸(単糸)のまま、ニットにするときは単糸を2本用意して逆方向に撚ります。これを双糸と呼びます。

  6.撚り止めをします。
出来た糸を木枠に巻き取り、蒸します。これで撚った状態で毛糸が安定します。



 7.洗って乾かし、玉に巻きます。
木枠に巻いていた糸をカセ上げ(大きな輪状に巻く)します。
ネリモノゲンという洗剤を溶かしたぬるま湯に沈め、液が冷めたら脱水、すすいで脱水。陰干しにします。

完全に乾いたら、カセがくずれないように気をつけながら、玉に巻きます。

 毛糸玉完成!!

この後、織ったり編んだりします。→【ひつじやが過去に作成した作品ギャラリーへ】